(写真:2017年4月のパレードで公開された「火星12」。CSISより転載)
国民は安全保障や非難方法に対する意識を高め、国は防衛体制の充実を図るべきだ

 

 北朝鮮が8月29日の早朝(日本時間で5時58分頃)、弾道ミサイル1発を発射しました。

 ミサイルは北海道の上空を通過し、襟裳(えりも)岬の東方約1180キロの太平洋上に三つに分離して落下しました。安倍首相は記者団に対し、「これまでにない深刻かつ重大な脅威で、地域の平和と安全を損なうもの」と語りました。

 世界平和連合は厳重に抗議します。

 小野寺五典防衛相は発射されたミサイルについて、中距離弾道ミサイル「火星12」の可能性があると述べました。火星12は北朝鮮が今月、アメリカのグアム沖に向けて発射を検討していると予告したミサイルです。予告通り発射されれば、島根、広島、高知の上空を通過することになっていました。

 今回のミサイル発射では、日本の12道県でJアラート(全国瞬時警報システム)が発令されました。

 警戒対象地域とされた宮城県仙台市などでは午前6時2分に携帯電話が鳴り、画面上に「緊急速報、政府からの発表…、『ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい』(総務省消防庁)」という文面が表示されました。

 同14分には「ミサイル通過。ミサイル通過」と表示されました。同様の通知はNHK放送などでも行われました。日本で大きな混乱はありませんでしたが、東北、上越、北陸の各新幹線や在来線、市内の地下鉄やバスが、安全確認のために一時運転を見合わせました。

 北朝鮮による核ミサイルの脅威が増しています。
 もしミサイルの弾頭に開発に成功したとされる核弾頭が搭載され、日本に着弾すれば甚大な被害を生じます。

 たとえ核兵器が搭載されなくとも国民に生命の危機が及ぶことは間違いなく、多くの国民に不安を与える北朝鮮の挑発的行動は決して許されるものではありません。

 政府は毅然として対応し、国際社会に強く訴えるべきですが、それとともに、国内では国民が安全保障に対する意識を高め、防衛体制の充実を図るべきです。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

Twitter で