世界思想 5月号 (平和大使協議会発行) を刊行しました。今号の特集は「日本と世界の30年 そして新たな時代へ」です。

▶ 月刊誌「世界思想」のお問い合わせ・購読はこちらへ

UPF主催「ワールドサミット2019」期間中、韓国日刊紙「世界日報(セゲイルボ)」と米国日刊紙「ワシントン・タイムズ」の共催による「2019韓(朝鮮)半島の平和国際カンファレンス」が開催されました。元米国下院議員であるダン・バートン氏の基調講演「力と検証可能性を前提にした非核化交渉が必要」をお届けします。(文責編集部)

 

元米国下院議員、IAPPインターナショナル共同議長
ダン・バートン  

 

 

 

 交渉や合意について考える時、「まず歴史を見よ」と言われます。

 私が下院議員だった頃、当時のレーガン大統領が言っていたことは、ソ連は悪の帝国である。それがメディアでも報道された。そんなことを言っては戦争になってしまう。などと周囲は注意したが、私たちは交渉して平和をもたらしたい、と。冷戦が終わることも求めている、と。その一方、弱い立場からは交渉できない。ですからレーガン氏は、「力による平和」という戦略をとったのです。

続きはこちらでお読みください(国際勝共連合ホームページへ)

 

 

この記事が気にいったら
いいね!しよう